テキサンズのブランディン・クックスは脳震とうの心配をしていない。

  • 2020.08.08
  • NFL
テキサンズのブランディン・クックスは脳震とうの心配をしていない。

テキサンズのワイドレシーバー、ブランディン・クックスは脳震とうをキャリアの中で複数回経験している。
それは、昨年の脳震とうも含まれており、この脳震とうによって昨年は2試合欠場している。

テキサンズにトレードされた後、彼のキャリアを脱線させる脳震とうを心配をしていない。

ブランディン・クックスは心配はゼロだとコメントした。
もし心配をしているようなら私はここにいないだろう。
私の状態はとても良い。

クックスは178センチ、83キロである。
彼はキャリア通算で5回の脳震とうを経験しており、そのうちの一つはスーパーボウル中の脳震とうである。彼は昨年も複数の脳震とうで苦しんでいた。

テキサンズは彼の複数の脳震とうは、将来のキャリアに影響がないとしている。

クックは異なる3つのチームで4年連続で1000ヤードを超えるキャッチを記録しており、
昨年のロサンゼルス・ラムズでは脳震とうを起こす前に42キャッチ、538ヤードを記録している。

テキサンズはクックスがトレードによりいなくなってしまった、ディアンドレホプキンスの穴を埋めることを期待している。だが、第一に健康状態を維持することが大切だ。