シーホークスの興味はクラウニーからグリフィンとマシューズに移った。

  • 2020.08.07
  • NFL
シーホークスの興味はクラウニーからグリフィンとマシューズに移った。

ジェーミオン・クラウニーのチームへのリターンは今のところあり得ないとの見方を示し、ピートキャロルは穴のあるディフェンスを補う2人の良く知られた選手に注目している。

シーホークスはクレイ・マシューズとエバーソン・グリフィンに注目しているとうわさされている。

グリフィンは2019年シーズンはプロボウルに選出されたシーズンであったにもかかわらず、現在もフリーエージェントである。
グリフィンとキャロルは2009年に大学でコーチと選手の関係であり、NFLへの道を共に歩んできた。
キャロルはシーホークス、グリフィンはバイキングスとお互いに一点でキャリアのすべてを過ごしてきている。

彼は32才であり、有利な契約は難しいと思うが、適切なチームに入ることで、スーパーボウルリングを追い求めることはできる。
ピートキャロルとのペアは自然にマッチすると思われる。

同じことがクレイ・マシューズにも言える。
マシューズは10年間パッカーズですごしたのち、契約金の高いラムズで2019年シーズンを過ごした。
マシューズは34歳である。グリフィンと違うところは2019年シーズンにプロボウルに選出されていないところだ。
しかし彼はグリフィンと同様に8回のサックと、大学時代はキャロルのもとでプレーをしていた。

彼ら二人はジェーミオンクラウニーを失ったシーホークスの穴を埋めるパーツになる。
彼らであれば違和感なく自然にその穴に適応することができるのではないだろうか。