NFL トップ100プレイヤー2020年シーズン 70~61まで

  • 2020.07.31
  • NFL
NFL トップ100プレイヤー2020年シーズン 70~61まで

70位 Fred Warner(フレッド・ワーナー) MLB 49ers

Fred Warner Says 'Confidence' is the Biggest Difference Heading ...

ワーナーは彼のNFLでのキャリアを4試合連続で少なくとも10回のタックルを決めた。
ワーナーは3サックと1つのインターセプトリターンタッチダウンを記録した。

三シーズン目に入るワーナーは1試合も欠場することなく、242回のタックルを記録している。
将来が期待される若い選手だ。

69位 Larry Fitzgerald(ラリー・フィッツジェラルド) WR カーディナルス

Larry Fitzgerald

17年目に入るフィッツジェラルドは、このトップ100が始まった2011年からランクインしている。
36歳のフィッツジェラルドは昨年、75キャッチ、804ヤードを記録している。

若き天才、カイラーマレイとともに、このベテランは安定した新シーズンを迎える。

68位 Ryan Tannehill(ライアン・タネヒル) QB タイタンズ

Ryan Tannehill, Marcus Mariota's former backup, agrees to new $118 ...

今年のカムバックプレイヤーのタネヒルは、スロースタートのタイタンズをスーパーボウルへの階段を一段上った。

彼の117.5パスレーティングはリーグハイであり、歴代四位の記録である。
彼はアンダープレッシャーの中でのパサーレーティングは予想よりも高いものとなった。

67位 Demario Davis(デマリオ・デイビス) OLB セインツ

デイビスは2019年の優れたシーズンののちトップ100のデビューした。
彼は108タックルと4つのサック、12パスディフェンス、1インターセプトを記録し、彼の初めてのオールプロに選出された。

デイビスは過去7シーズンの中で1試合しか欠場していない。

66位 Laremy Tunsil(ラレミー・タンシル) OT テキサンズ

4年間のNFLののちタンシルは初めてのトップ100入りを果たした。
以前のドルフィンズの1巡目指名はテキサンズでの1年目のシーズンでプロボウルに選出された。

タンシルはテキサンズのオフェンスラインを安定されている、そして彼はデショーンワトソンとオフェンスをより落ち着かせる必要がある。

65位 Tyler Lockett(タイラー・ロケット) WR シーホークス

ラッセルウィルソンのお気に入りのレシーバーとして、ロケットは82キャッチ、1057ヤード、8つのタッチダウンを記録した。ロケットは2シーズンを通して、180回のターゲットと18のタッチダウンを記録している。
78パーセントのパス成功率とたった2つのパスドロップしかしていない。

64位 Harrison Smith(ハリソン・スミス) FS バイキングス

2012年のドラフトで指名されて以来、スミスは彼らのディフェンスの中での大黒柱として活躍してきた。
彼は2014年以来プロボウルに毎年選ばれており、2017年にはオールプロにも選ばれている。

彼は3つのインターセプトを昨シーズン記録し、キャリア通算で23のインターセプトを記録している。彼は85のタックルと3つのダンブルフォースを記録している。

63位 Preston Smith(プレストン・スミス) OLB パッカーズ

スミスは最初のシーズンをグリーンベイ・パッカーズで過ごし、パスラッシュとしてラインを破壊する道具として活躍した。

スミスは16試合で先発をし、12回のサックを記録してNFLで8位の記録であった。

62位 David Bakhtiari(デビッド・バクティエリ) OT パッカーズ

ルーキーらしくないルーキーとして始まり、バクティエリは成長しNFLを代表するオフェンスタックルの一人となっている。
バクティエリはブラインドサイドの守備やスクリーンプレイでも同様に活躍し、
誰よりも優れた仕事を行っている。

61位 Jarvis Landry(ジャービス・ランドリー) WR ブラウンズ

オデル・ベッカムがブラウンズに加入したが、ランドリーの活躍は過去5年と大きく変わらずに、5年連続で950ヤードを超え、6年連続で80ヤード以上のキャッチ、6年連続の110回以上のターゲットを記録している。

今年も同様にベイカー・メイフィールドを助けることだろう。