NFL トップ100プレイヤー2020年シーズン 80~71まで

  • 2020.07.30
  • NFL
NFL トップ100プレイヤー2020年シーズン 80~71まで

80位 Myles Garrett(マイルス・ガレット)DE ブロンコス

Browns' Myles Garrett reinstated by NFL after suspension - Houston ...

ガレットは5年の契約延長をクリーブランド・ブラウンズと契約した。
これはNFLの歴史の中で最も高い契約のディフェンダーである。

過去3シーズンの中で、1試合平均0.82サックを記録している。
昨シーズンは疑いをかけられ、短期間欠場していたが、ガレットは10試合で10サックを記録した。

79位 Calais Campbell(クリス・キャンプベル)DE レイブンズ

Why are Jaguars pushing for Calais Campbell to restructure deal?

ジャクソンビル・ジャガースでの3シーズンを終えて、2019年のウォルターペイトン賞受賞者の彼はボルティモア・レイブンズにトレードされた。

彼の最初の9年はカーディナルスに入団し、2回のプロボウルを経験したが、10サックをするシーズンは一つもなかった。
3シーズンのジャガーズで3回のプロボウルに選ばれオールプロにも選ばれた。
この3シーズンで31.5サックを記録している。

78位 Tyron Smith(タイロン・スミス)OT カウボーイズ

Tyron Smith Injury: Updates on Cowboys OT's Back and Return ...

7回のプロボウルと2010年の10年チームの一人である。
スミスは過去最高のオフェンスタックルの一人である。
9年目のベテランは2度のオールプロに選ばれている。

昨年13回レフトタックルとしてプレイし、1つのサックしか許していない。

77位 Keenan Allen(キーナン・アレン)WR チャージャーズ

Chargers news: Keenan Allen active vs. Ravens

アレンは昨年、三年連続でプロボウルに選ばれ16試合すべてでプレーした。三年間を通して平均101キャッチ、1263ヤード、6タッチダウンを記録している。
この記録の維持をQBのフィリップ・リバースを失ったことが傷つけるかまだ分からない

76位 Marshon Lattimore(マショーン・ラティモア)CB セインツ

Marshon Lattimore Stats, News, Bio | ESPN

昨年はトップ100から姿を消したラティモアだが、今年は76位として帰ってきた。
2017年に全体11位指名されたオハイオ州立大学の選手は、2回のプロボウルを最初の三年間に獲得した。
また、彼はNFLのディフェンシブルーキーを獲得した。

75位 Earl Thomas(イーアル・トーマス)FS レイブンズ

It doesn't matter that Earl Thomas is skipping Seahawks OTAs ...

トーマスはディフェンスバックエンドのゲームチェンジャーであり、ボールを奪うスキルが高く、ビッグプレイが多い傾向がある。

シアトルシーホークスでの9年間のシーズンンの後、トーマスはレイブンズに昨年加入し、2つのサックを記録した。

彼のキャリアは、713ヤード、20インターセプト、72パスディフェンスとカウントされないスピード感あるプレイにある

74位 Ronnie Stanley(ロニー・スタンリー)OT レイブンズ

Report: Ravens LT Ronnie Stanley suffered only a 'mild sprain ...

スタンリーはレイブンズでの4年目のシーズンで目立つ活躍をし、トップ100へのデビューを飾った。ラマージャクソンとマークイングラムへのブロックを行った彼は初めてのオールプロとプロボウルに選出された。

73位 Fletcher Cox(フレッチャー・コックス)DT イーグルス

Eagles' Fletcher Cox on 911 call during alleged burglary attempt ...

コックスはトップ100のランキングが昨年から45位下がり、がっかりさせるシーズンをフィラデルフィア・イーグルスで過ごした。
2018年にはキャリアハイの10.5サックを決めたコックスであったが、昨年の2019年シーズンではケガの影響もあり、3.5サックにとどまった。

彼はまだプロオウルに選出されており、5年連続でプロボウルに選ばれている。9年目のシーズンに入り、健康なコックスが以前のように活躍することが期待されている。

72位 Josh Jacobs(ジョシュ・ジャコブス)RB レイダース

Raiders' draft may focus on finding backup for Josh Jacobs | Las ...

ルーキーとして、ジャコブスは肩のケガでシーズンを終える前に1300ヤードのスクリメージを誇り、7つのタッチダウンを決めた。

ジャコブスはリーグで最も捕まえにくいランニングバックとして評されており、5本の指に入るほど価値のある契約である。

ジャコブスの二年目のシーズンはオールプロレベルの活躍になると期待されている。

71位 Jurrell Casey(ジャレル・ケイジー)DE ブロンコス

Titans Trade DT Jurrell Casey to Broncos - SportzBonanza

テネシータイタンズでの5年連続のプロボウルを含む9年ののち、ケイジーはデンバーブロンコスにトレードされた。

2011年の3巡目指名は過去8年間で144試合中139試合に出場している。
31歳の彼であるが、ケイジーは最も安定感のある選手の一人として活躍を続けている。