NFL トップ100プレイヤー2020年シーズン 100-91まで

  • 2020.07.28
  • NFL
NFL トップ100プレイヤー2020年シーズン 100-91まで

TOP100 Player が発表されました!!

毎年行われているトップ100プレイヤーが本日公開されました!
一つずつ確認し、昨シーズンを振り返りましょう!

100位 Lavonte David(ラボンテ・デビット)OLB バッカニアーズ

Buccaneers' Lavonte David: New DC Mark Duffner is 'great motivator ...

lavonte David は四年間トップ100にはランクインしていなかった。
2019年シーズンは八年間のシーズンの中で7度目となるバッカニアーズ内でのリーディングタックルであった。
彼は通算1000タックルを記録し、2014年の25位を記録してオールプロ入りしたシーズンと同じくらい高い記録を残している。

99位 Darren Waller(ダレン・ウォラー)TE レイダース

スターターとして初のフルシーズンをこなし、ウォラーは90レシーブ、1145ヤードを記録した。
27歳の彼はポテンシャルの高さを示すとともに、初めてのトップ100入りを果たし、誰もが認めるNFLでの成功を収めている。

98位 Brandon Brooks (ブランドン・ブルックス) OG イーグルス

ブルックは3シーズン連続でのプロボウルに選出されており、ついにトップ100にランクインすることができた。
8年目のベテランは3年間欠場することなくレギュラーシーズンを戦った。

しかしイーグルスは2020年オフシーズン後のアキレス健のケガを心配している。

97位 Budda Baker (ブッダ・ベイカー) S カーディナルス

2019年シーズンのソロタックルではトップの104回を記録した。
ベイカーのトップ100入りはカーディナルスと自分自身を元気づける。
ベイカーは多彩なハイブリットタイプのディフェンスバックであり、ストロングサイドから始まり、ニッケルコーナーバックを務めたのち、2019年はフリーセーフティを務めた。

96位 Chris Carson(クリス・カーソン) RB シーホークス

カーソンは2年連続で1000ヤード以上を記録し、初めてトップ100にランクインした。
カーソンはNFLの中で最もタフな選手の一人として頭角を現してきた。
シーホークスは7巡目指名からとても大きなリターンを獲得した。

95位 Frank clark(フランク・クラーク) DE チーフス

クラークは昨年から順位を11位落としたが、彼の存在はスーパーボウル制覇に大きな影響を与えた。

チーフスは昨年のオフシーズンにシアトルシーホークスからクラークを獲得し、
そのベテランはチーフスをプレイオフまで導いた。
合計で5つのサックと5つのロスタックル、7つのQBヒットをたったの三試合で行った。

94位 Jason Kelce(ジェーソン・ケルシー)C イーグルス

今年のトップ100の中では唯一のセンターで、ケルシーは三年連続でのオールプロの一人として選出された。
年々ケルシーのリタイアは近づいている。
ケルシーは32歳でイーグルスのオフェンスラインの支えとして9年目を迎えている。
ケルシーは昨年は72位にランクインしていた。

93位 Allen Robinson (アレン・ロビンソン) WR ベアーズ

ロビンソンはベアーズでの二年目のシーズンを迎え、キャリアハイの98キャッチを記録した。

彼は2016年に32位にランクインしていた。
ロビンソンはベアーズで1147ヤード、7タッチダウンを記録しており、調和のないベアーズのオフェンスで輝いているスポットにいる。

92位 Darius Slay  (デアリウス・スレイ)CB イーグルス

スレイは三年連続でのトップ100入りを果たしたが、昨年は86位にランクインしており少し下がった。

スレイは昨年デトロイト・ライオンズでいらだちの多いシーズンを終えたが、
2020年はやる気を与えるシーズンとなりそうだ。

イーグルスはスレイを三月に獲得し、彼は報酬として50奥を受け取る契約を終えた。

91位 Grady Jarrett(グレイディ・ジャレット)DT ファルコンズ

2019年はジャレットはキャリアハイとなる7.5サックを決めた。
結果としてプロボウルに初めて選出され、トップ100にも初めて選出された。

ファルコンズは昨年夏に、ディフェンスラインの大黒柱に4年68億の契約を締結した。