ジェッツがオールプロのジャマル・アダムスをシーホークスにトレード!!

  • 2020.07.27
  • NFL
ジェッツがオールプロのジャマル・アダムスをシーホークスにトレード!!

数か月の期間ののち、ニューヨークジェッツとオールプロセーフティのジャマル・アダムスがトレードが日曜日に合意された。

イランララポートはジェッツはジャマル・アダムスと2022年の4巡目指名権を放出し、
シーホークスはセーフティのブラッドリー・マクダーガルトと2021年、2022年の一巡目指名権を放出する契約だと報じた。

ジェッツのジェネラルマネージャーのジョー・ダーグルスはこのトレードのアナウンス後すぐに声明を発表した。
「このトレードは私たちにチームを改善できる、2年間にわたる1巡目指名権を獲得した。これにより柔軟に未来のチームを作り続けることができる。」

彼は加えて、「チームはジャマル・アダムスの成功に満ちたジェッツでのキャリアへの関心をまだ持っている。しかし、契約は準備、新たな申し出への意志と状況把握は大切なものである。」と声明を出した。

言ったとおり、私の仕事はあらゆる申し出を聞くことであり、この契約は無視できるものではなかった。

アダムスはジェッツとの長期契約の進展のなさにいらだちを示しており、6月にトレードのリクエストを出していた。

ディフェンスコーチのグレッグウィリアムズの、チームとアダムスの関係修復の努力もむなしく、関係は悪化していった。

アダムスは優秀なヘッドコーチ、ピートキャロルとディフェンスコーディネーターのケンノートンジュニアのもとに参加する。
また、昨年プロボウルに名前を連ねたセーフティのクアンドレ・ディグスのユニットに加わる。

 

19のタッチダウンを許している。また、16のインターセプトをしている。通算、4223ヤードを許し、27位の成績を誇っている。
アダムスのセカンダリーへの到来はとても歓迎されている。

アダムスは2017年の全体6位の指名で、NFLの世界に入り、2019年は75タックル、7つのパスディフェンス、1つのインターセプト、6.5サックを記録している。
彼は二度目のプロボウルと初めてのオールプロを二年目のシーズンである2018年に記録している。

アダムスは、勝ちにこだわりすぐに実行できるチームを求めており、ジェッツではストレスを感じていた。
シーホークスは負けの多いシーズンは2011年以降一度もなく、高いレベルの選手とコーチスタッフをそろえている。