オンライン英会話を300時間やった結果!話せるようになる?

オンライン英会話を300時間やった結果!話せるようになる?

オンライン英会話で300時間勉強しました!

オンライン英会話のネイティブキャンプで300時間勉強したので今の英語力
について詳しく話していきたいと思います。

オンライン英会話を始める前の英語力

センター試験110点
英検準二級

わかりやすい指標として、このくらいの学力から勉強を始めました!
留学経験や英語を話した経験は全くない状態からのスタートですので、
ごく一般的な学力と背景だと思います。

勉強期間

勉強期間は4か月ほどです!

実際には、一年半前に一度ネイティブキャンプをやめているので
少し異なりますが、以前学んだことはほとんど忘れてしまっていたので
4か月としています!
毎月70時間ほど勉強している計算になります!

数字で見ると多いように感じると思いますが、実際にやっていくと
こんなにやっていたのか…となるので全然ですよ!

やってきたことを詳しく解説!

オンライン英会話での勉強時間が300時間なだけで、
実際の英語勉強時間について疑問に感じると思うので、
そこも含めて解説していきます!

基本的にオンライン英会話だけ!

私は基本的にオンライン英会話だけしかやっていません!

「基本的に」というのは、フリートークでのトピックの準備や
復習など細かい勉強があるからです。

また、趣味が映画鑑賞なので英語字幕、英語音声で見てました。
全部で5本くらいみて、そのうち2本は単語調べまでしました。

趣味なので勉強すぎると疲れてしまうのでほどほどにという感じです。

スタート~100時間まで使用したテキスト

始めたばかりのころはひたすら文法教材を使っていました!
文法教材は進み方がどの先生でも同じなので、毎回同じセリフを言ってもらうので
自然と覚えます。
Please read the direction は何回聞いたかわかりません…笑

聞き取れないから聞き返すのってすごく精神的な負担だと思います。
その点文法では、覚えてしまえば聞き取れなくてもわかるので、初心者には最適です!

文法教材は初級、中級と分かれていますが順番にやる必要はないです!

理由は初級の終盤より中級の序盤のほうが簡単だからです!
今文法初級をやっていてわからない、辛い!と感じている人は文法中級をのぞいてみてください!
最初は非常に簡単です!

最初の100時間は文法初級や中級を繰り返し受け続けるだけでいいと思います。
私はそうやって勉強していました!

ときどきフリートークを選択して話していたのですが、理解できないことが多すぎて
大変でしたね。
フリートークをしたいなら、フィリピンの食べ物の話、観光地の話がいいと思います。
写真のURLを送ってくれたりするので楽しいですよ!
時間もつぶれるので楽です

ぜひ、バロット(フィリピンの食べ物)と話をしてみてください笑
知らない方ならびっくりすると思うので、ぜひ自分で調べずに、
振オンライン英会話で話しましょう!

100時間~200時間

相変わらず、文法をやっていました!
文法中級の中盤以降は、決められた形で自分で文を作るので
一気に大変になります。

苦戦しながらずっとこれをやっていました。

トピックトークもやりましたが、これはお勧めしません!
話す量が非常に多く、ロールプレイもあります。

例を紹介すると、
再婚を考えているAさんと
結婚をしないBさんに分かれてロールプレイです。
できる気しますか?

私は馴染みの先生とこれを行いましたが、全く受け答えができず
この教材をやるなら準備してくるようにと、半分説教のような形で授業が終わりました笑
結構トラウマなので、当分やりたくないです笑

スピーキングにも何度か触れましたが、
模範解答として用意されている文自分の作成した文の差を感じて悲しくなります。
私はあまり好きではなかったですが、できる範囲の難易度かなと思います!

私はフリートークを結構やっていました。
何度か文法を教えてもらった先生とだと気楽ですし、こちらの能力に合わせて
話してくれます!
息抜きには最適です!

200時間~300時間

この100時間はほとんどフリートークです。
文法などの教材は結局勉強という気がしてしまって、
最近は飽きてきました。

文法の教材の間は使えても、いざ話すなると使えないってこと多くないですか?
そのため、話す練習としてずっと話したいことを話していました

そのため、フリートークで自由に話題を振って話しています。
知らないことを知れるので、楽しいですよ!
トピックとしては、給料、観光、食べ物、恋愛、勉強、大学などでしょうか?

自分の初恋の話をしてみたり、人種差別について話したりと、
結構自由にやってます笑

授業の最初に、
Can you check my mistake as I’m talking.
というと、話しているときのミスをチェックして指摘してください!と
いう意味になります。

人によって訂正してくれる頻度は違うので、相性の良い先生を見つけましょう!

マンスリースピーキングテストの結果

100時間ほど勉強した後に、マンスリースピーキングテストが受けられるようになりました。
これにより、自分の成長がわかりやすくなったのでうれしいです。

どのくらい変化したか紹介します。
まずは100時間ほど勉強した時に受けた、1回目のテストです。

 

 

続いて5月に受けた、2回目のテストです。

 

続いて、6月に受けた三回目の結果です。

 

毎月少しずつ伸びています。
成長を数字で実感できるのはやる気につながるのでいいですね。

話せるようになったのか!?

実際話せるようになったのか?、といわれると
まだまだ話せないと思います。

聞き返すことも多いですし、長い話は伝えるのにすごく時間がかかります。
ですが、伝えたいことは時間をかければ伝えられます。

文法もまだまだごちゃごちゃしていますし、単語量も足りていません。
ですが、最低限のコミュニケーションという分には取れているのではないでしょうか?

例を紹介すると、
英語は将来海外で仕事をしたいから勉強しているんだ。
とは簡単に言えます。

親から注意をされるとイライラするから良く物に当たって
ストレスを発散する。
このくらいの文章はすぐには言えません。
時間をかけて言いたいことは伝えられます。

少し内容が難しくなるといえないので、今後はそこを強化していきたいですね。

次の目標は400時間です。
いつになったらすらすら話せるようになるのか、自分への期待も込めて
書き残していく予定です!

ネイティブキャンプについては詳しいので何でも聞いてください!